Dinks夫婦の夢クリ日記
2009年4月から新橋夢クリニックに転院し、2010年夏、結婚13年目にして娘を出産。2012年夏、2人目治療を開始しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BT51:卒業
昨日、最後の夢クリ通院日でした。

採血はなく尿検査のみ。
あとは院長の診察が始まるのを待って内診です。
卒業診察の人は一番後の診察、だいぶ待ちました。

  心拍  183bpm
  胎嚢  62.3mm×26.7mm
  赤ちゃんの大きさ 32.0mm

順調に成長してくれていました。
ここ数日は母の入院・手術があり、実家に帰って病院に付き添ったりして
疲れ気味な生活を送っていましたが、赤ちゃんの元気な姿に一安心。

その後は院長の診察。
御礼を言う間もないくらいでしたが、最後に『お世話になりました』の一言だけは言えました。
処置室で看護士さん皆さんが立ち上がって拍手をしてくださった時は思わず泣いてしまいました。
『三人目もお待ちしていますね!』と言ってくださいましたが、凍結胚も残っていないし、
おそらく夢クリ通院はこれが最後・・・のはず。
一人目は通院10ヶ月、二人目はわずか2ヶ月で卒業することが出来、夢クリの皆様には本当に感謝しています。


帰りに烏森神社でお参りして、自宅最寄駅で夫と娘と合流。
卒業プチお祝いにランチをして夕飯の買い物をして帰宅したところ、何だかオマタのあたりが湿っぽい。
おりものかなぁ~とトイレに行くと、下着一面に鮮血が!
娘の時もこんな出血みたことない!
大急ぎで夢クリに電話しました。
時間は14時過ぎ、院長は帰宅してしまったとのことで折り返し電話を頂くことに。
おそらく安静生活していたところで久しぶりの通院で外出して動いたから出血したのだろう。
横になって安静にして腹痛や出血量が増えるようであれば連絡をするようにとのことでした。
今まで安静生活を送っていなかったものの、それは声を大にして言えるようなことではないので
反論できずに言われたとおり大人しく出来るだけ横になって過ごしています。
出血はその後は止まっており、時々茶オリが出る程度です。
勝手な推測ですが、内診の刺激で出血したのかなぁ・・・なんて。
今日は家族で上野動物園に行く予定でしたが、夫と娘二人で行ってくれました。
私は横になってお留守番です。

夢クリからの紹介状が届いたら、来週早々にも産婦人科に行って来ます。

卒業した途端になんとなく心配な出来事となってしまいましたが、
6月には元気な赤ちゃんが誕生することを願い、このブログを終了しようと思います。

赤ちゃんを待つすべての方々のもとに一日も早く赤ちゃんがやってきますように。


☆今回のお会計 7,470円
 (今までのtotal 200,006円)
スポンサーサイト
BT37:心拍確認②
今日は二度目の心拍確認でした。

ちょうど今朝方トイレに起きたときに下着に少量の出血があり・・
その後も茶色いおりものが出たりして不安な気持ちになりながらの通院。
前回の診察からの10日間には実家に帰って母の病院に付き添ったり、美容院に行ったり
友達の出産祝いに行ったり、と結構派手に動き回ってしまっていたし、
毎日しっかり掃除機や雑巾がけもしているので
娘の時にトイレと食事とシャワー以外絶対安静にしていたのと比べるとあまりにありえなさ過ぎる生活。


幸いにも土曜日だったので娘は夫とお留守番。

採尿→採血→内診とスムーズでした。
内診では祈るような気持ちの中、ピクピク動く心臓と2頭身になった赤ちゃんを確認。
元気でいてくれて本当に良かった。

  心拍  180bpm
  胎嚢  40.6mm×36.1mm
  赤ちゃんの大きさ 17.4mm
  E2  : 695
  P4  : 32.6
  尿検査は潜血が+


採血の結果が出てすぐに診察でした。
大きさ・ホルモン値ともに問題なしとのこと。
出血については胎盤からの出血と考えられるので、出血がある時は安静にするほかないそうです。

週末は色々ショッピングに出掛けたいと思っていましたが、今日は家でのんびり過ごすことにします。

その後、院長からの診察があるとのことで30分ほど待ちました。
院長からは
 『予定日6月22日。次回問題なければ紹介となります。分娩先決めておいてね。一人目と一緒?』
他の方のブログを拝見するまで全然知らなかったのですが、院長は里帰り分娩はよくない!との意見だそうで。
実は娘の時そんなことを知らず、里帰りするまで通院する病院に紹介状を書いてもらっていました。

今回も里帰りの予定。
それまでは近くの産婦人科に通院予定ですが、院長に話したら反対されそうで・・・。
このまま黙ってそこへの紹介状を書いてもらう予定ですが、何だか心が痛むなぁ。


今日はようやく夫の両親に妊娠を報告。
夫の両親には娘の時も含め治療のことは話していません。
ただ最近私の実家帰りが多いことから妊娠に薄々感づいていたようですが、とても喜んでくれました。

とりあえず出血などの心配はあるものの、赤ちゃんはおなかの中で大きく成長してくれていました。
次回の診察までの2週間は少し控えめに過ごそうと思います。
もしかしたら母の手術もその間に予定されるかもしれないけれど、無理のない程度に付き添います。


☆今回のお会計 5,470円
 (今までのtotal 192,536円)

BT27:心拍確認①
31日水曜日がBT27の心拍確認の日。
母に朝早くに来てもらい、8時半までの時間指定に何とか間に合いました。

尿検査→採血→内診とスムーズに15分ほどで進み、9時過ぎに診察。

  心拍  120bpm
  胎嚢  23.5mm×14.4mm
  E2  : 379
  P4  : 31.5
  尿蛋白と潜血が+

この日で6w4d。
特に問題はなく、尿に潜血が出ているが出血層は見られないとのこと。

最近、時々ピンクのおりものが出ることがあります。
娘と疲れるほど動いた時に多い気がするので、そういう時はソファに横になったりして過ごすようにはしているものの、魔の二歳児相手に安静生活はなかなか難しいものが。
でも一緒に昼寝をしたり、夜も寝てしまうことが多く、一日12時間近く寝ていることになります、

つわりらしき胃のもたれも出てきました。
娘の時はほとんどつわりはなかったのですが、今回はなんとなく胃がむかついている感じ。
それから便秘がちです。
毎日快便だったのに、1~2日置きになってしまいました。

次回10日後の診察で、赤ちゃんが大きく成長していますように☆


実は前回の診察からの間に実母の乳がんが発覚しました。
毎年受けている検診で再検査になり(毎年再検査になっているけれど、いつも『石灰化』の診断で終わっていた)、今回は細胞を調べてもらおうと何気なく受けた検査でステージ0の乳がんが発覚。
幸いにも早期発見だったことと非浸潤性のがんなので転移はないようですが、早ければ今月中にも手術となり、その後も5週間の放射線治療が続くそうです。
私にとって一番の頼りとしている母。
母が病気で床に伏せるところすらほとんど見たことがないので、正直ショックです。
まだ60歳、元気に復活してもらわないと。

今後の夢クリのスケジュールはすべてがちょうど土曜日にあたるため、娘は夫にお願いできます。
母には治療に専念してもらって、私は順調に夢クリを卒業して母を安心させることが今出来る一番の親孝行かなと思っています。


☆今回のお会計  5,470円
 (今までのtotal 187,066円)


BT17 胎嚢確認
今日から8時半までの時間指定通院。

7時半に目覚めた娘に大急ぎで朝ごはんを食べさせて、あとは夫に頼んで出掛けました。
8時20分クリニック到着。
そこからは10分と経たないうちに採血→内診が終わり、50分ほど待って3番先生の診察でした。

内診の時に胎嚢と卵黄嚢が確認できていたので、診察までの時間はドキドキすることなくゆったり過ごせました。

 
   E2 : 175
   P4 : 35.6↑
   胎嚢 9.7mm×6.5mm

位置も問題なく、出血層も見られないとの事。
横になって安静にする必要はないけれど、12週くらいまでは流産しやすい時期なので運動などは控えるようにと言われました。
次回は10日後の通院。心拍確認です。


☆今回のお会計 5,210円
 (今までのtotal 181,596円)
BT12 着床判定②
昨日は二回目の着床判定でした。

E2 : 100
P4 : 35.6↑
βHCG : 1098


HCGの値はBT7の12倍に伸びていました。
最近は少し離れたところにある公園に出掛ける毎日。
今までより疲れやすくなった気がするのは加齢のせいでしょうか。
急に涼しくなってきたので、私は鼻風邪気味。

次回は5日後。
胎嚢確認のため8:30までの時間指定となります。
過去に卵管クリッピングの手術をしているので子宮外妊娠の可能性はありませんが
胎嚢の位置によっては安静生活となってしまうこともあるので心配は尽きません。
娘を授かった時は有無を言わさず安静生活で、5週間仕事を休んで基本的に横になった
生活を送っていましたが、今は緩くなったそうです。

胎嚢、しっかり確認出来ますように☆


☆今回のお会計 6,310円






プロフィール

Flower2号

Author:Flower2号
1998年 
大学時代から付き合いのあった夫と22歳で結婚。

2002年 
26歳で初めて不妊治療を開始。
クロミッドでタイミングを3周期トライ。
卵管造影検査で左卵管閉塞。
過去のクラミジア感染が発覚。
ステップアップする勇気なく治療お休み。

2007年 
31歳で不妊治療再開。
両側卵管閉塞と診断を受け
突然IVFをすることに。
人生初の採卵で3個の受精卵。
二度目の凍結胚移植で陽性も
子宮外妊娠に終わる。

2009年 
新橋夢クリニックに転院。
転院した月の自然周期採卵で
出来た7日目胚盤胞を凍結。
ところが卵管水腫が発見され
6月に手術。
8月に移植だったが凍結胚が融解時
にダメになり移植中止。
10月にクロミフェン周期で採卵。
6日目胚盤胞を2つ凍結。
11月移植。陽性反応。
2010年8月に34歳で女の子を出産しました。



カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。